top of page

メモ#03

この病院から出ることはできないという事実を認めざるを得なかった。

鏡を見て驚いた、そこにいるのは見たこともない、知らない男だ。

冷静に考えてみたら、なるほど、自分の名前すら覚えていないこの今の状況は所謂記憶喪失ってことだ。


名前が分からないならテキトーにつければいいじゃんか?

アレは何気なく笑顔で振り向いた。


名前、名前……

Comments


© m2okayu
bottom of page